ダイエットは危険と言われますがその理由とは何だろう

 

ダイエットは危険です

 

何故危険かというと食事制限をするからです。

 

ダイエットは太る状態から痩せる状態に目指すことを言います。

 

ときには運動も危険なときがあります。

 

ダイエットを無理する範囲で行った場合栄養が急になくなってしまい、体には栄養がなくなった状態で倒れてしまうことがあります。

 

ではどうしたらいいのか説明します。

 

炭水化物抜きダイエットの危険性

 

まず炭水化物抜きダイエットは気をつけることです。

 

炭水化物ダイエットははじめは痩せやすいですが、副作用があります

 

副作用は肌荒れ、肌質が悪くなったり、体の弱いところが悪化してしまいます。

 

それを取り戻すのは大変です。

 

免疫力失った状態で痩せているということでダイエットより不安要素が出ることも多くあります。

 

食事制限ダイエットの危険性

 

食事制限ダイエットも同じことが言えます。

 

炭水化物ダイエットよりは副作用はありませんが、危険は変わりありません。

 

今度は栄養が体からなくなってしまうため、免疫力が体から抜けてしまいます

 

今まで丈夫な肌がどうしてこんなに悪いのか、冷え性の悪化や血の流れが悪くなり体調不良に陥りやすいです。

 

運動ダイエットの危険性

 

では運動ダイエットはいいのではないかというと危険な場合があります。

 

食事制限ダイエットよりは運動ダイエットをおすすめしますが、無理な範囲でダイエットを行うと熱中症や汗をたくさんかいて倒れてしまうことがあります

 

そのためには水分も十分補給したりする必要もあります。

 

また運動をするとかえって食べるものをたくさん食べてしまってダイエットにつながりにくいこともあります。

 

そんなことのないようにするためには普段からダイエットは自分の程良いやり方を選択し、無理だと思ったら違うダイエットにしてみるなど工夫する必要があります。

 

免疫力を失うとストレスの悪化や体調不良が起こり、ダイエットどころではなくなることもよくあるから注意が必要です。

 

完璧に行うにはなかなか難しいですが、少しずつ様子を見ながらやることが大切です。

 

減らしすぎないようにも注意しましょう。